腎臓がんの症状・原因・治療方法

腎臓がんとは??

分類   【 腎・尿路の腫瘍 】

読み方  【 じんぞうがん 】

腎臓がんは、腎臓ががん細胞におかされて発症するがんです。

50〜60代の男性によく発病するがんで、男女比で3:1となり女性の約3倍の割合で多いことが証明されています。

原因

喫煙との関係が考えれられていますが、はっきりとした原因は不明です。

症状

痛みなどなんの前触れも無く、尿が突然赤くなります(血尿)。
進行するにつれて、わき腹にしこりがみられるようになると同時に痛みも感じるようになります。

その症状の段階では腎臓がんは末期のことがありますので、血尿が出るようになった時点で、すぐに精密検査を受けることが重要となります。

治療方法

がんのできている腎臓はもちろんですが、転移している恐れのあるリンパ節も切除する必要があります。
補助的に放射線療法、化学療法も同時に行われます。

その他にも、インターフェロンによる免疫療法、腎動脈塞栓術を行う場合もあります。