骨と筋肉のがんの症状・原因・治療方法

骨と筋肉のがんとは??

分類   【 運動器と皮膚のがん 】

読み方  【 ほねときんにくのがん 】

骨と筋肉のがんは、骨や筋肉に発生する悪性腫瘍のことです。
正式には「肉腫」と呼ばれています。

骨と筋肉のがんというのは、骨肉腫を中心とする肉腫のことを指します。

胃や腸のがんなどが骨に飛び火した場合は、「骨転移がん」として別に扱われます。

成長期の10〜20代に多く発病しやすいです。

原因

はっきりとした原因は不明です。

症状

局所の疼痛、運動痛から始まり、持続して、次第に強くなっていきます。
そのうちに局所がはれてきます。

治療方法

昭和40年以前は、極めて危険ながんとされていましたが、近年では様々な抗がん剤が開発されてくるとともに、抗がん剤の使用方法も進歩してきたことから60%〜70%の治癒率が得られるようになりました。