白血病の症状・原因・治療方法

白血病とは??

分類   【 血液・リンパのがん 】

読み方  【 はっけつびょう 】

白血病は、未熟な白血球が、骨髄の中で異常に増殖することで、正常な白血球細胞の増殖抑えられてしまう病気です。

異常に増殖している血球の性質から「骨髄性」と「リンパ性」に分けられます。

また、増殖している細胞の形態から「急性型」と「慢性型」に分けられ、急性型は症状が激しく、慢性型はゆっくり症状があらわれるのが特徴です。

原因

未熟な白血球が、骨髄の中で異常に増殖することで、正常な白血球細胞の増殖抑えられる事で発病しますが、遺伝性のものも関係してくると考えられています。

症状

異常細胞が骨髄を占領するために正常の血液を造る能力が障害されることで、高熱、出血傾向(鼻出血、紫斑、歯肉出血等)、歯肉のはれ、めまい、貧血、全身倦怠感などがあらわれます。

放っておくと命にかかわる病気ですので注意が必要です。

治療方法

白血病細胞を撲滅し、そののちに正常な血液をつくる力を回復させることを目的として行う寛解導入療法という強力な治療方法が行われます。

また、白血球細胞の撲滅をめざして行う薬による治療も行われます。

通常はこれらの治療を段階的に行い改善を目指します。

しかしながら、これらの治療に伴う副作用として、脱毛、感染症、消化器症状、出血傾向、肝障害などがあらわれます。