副腎がんの症状・原因・治療方法

副腎がんとは??

分類   【 内分泌腺のがん 】

読み方  【 ふくじんがん 】

副腎がんは、副腎皮質にがん細胞が侵入することで発生し、男性よりもあらゆる年齢層の女性にやや多くみられるがんです。

ホルモン分泌を異常にするものと、ホルモン分泌に影響を及ぼさないものがあります。

原因

副腎皮質にがん細胞が進入することで発症します。

症状

約半数のものはホルモンをつくらず、症状が少なく、頭痛、めまい、高血圧、吐き気、嘔吐、動悸、頻脈、発汗、不安感やふるえなどの自律神経的症状ができますが、その他に、過剰にでるホルモンの種類によって、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、などの症状もあらわれます。

治療方法

がんを手術で摘出しなければなりません。