甲状腺の悪性腫瘍の症状・原因・治療方法

甲状腺の悪性腫瘍とは??

分類   【 内分泌腺のがん 】

読み方  【 こうじょうせんのあくせいしゅよう 】

甲状腺の悪性腫瘍は、未分化がん、乳頭がん、髄様がん、濾胞がんなど、甲状腺にできる悪性腫瘍を総称して言います。

甲状腺に発生するがんの多くは女性に多くみられます。
年齢の分布で言えば、乳頭がん、濾胞がんは20〜40歳代、未分化がんは50歳以上、ことに60歳以上の高齢者に発病します。

原因

未分化がん、乳頭がん、髄様がん、濾胞がん、それぞれの場所にがん細胞が侵入することで発病します。

症状

乳頭がんは、初期段階ではしこりがあらわれ、進行することで息苦しさ、声がれ、飲食時の飲み込み不良があらわれます。
甲状腺がんの90%がこれにあたります。

濾胞がんは、初期段階では首にしこりがあわられます。転移することが多いので、転移の部位により様々な症状があらわれるようになります。
甲状腺がんの5%前後がこれにあたります。

未分化がんは、しこりが大きく、早い段階から周囲への圧迫症状があらわれます。
甲状腺がんの2%前後がこれにあたります。

治療方法

手術による治療が必要です。

乳頭がんは、甲状腺がんの中でももっともたちのよいがんです。
完全な手術ができれば再発することがないといっても良いほど完治します。

乳頭がん、濾胞がんでは、かなり進行していても大抵は完全に摘除することができますが、中には手術が不可能な場合もあります。
この場合は甲状腺ホルモン剤の投与を続け、がんの発育抑制を狙います。