がん性腹膜炎の症状・原因・治療方法

がん性腹膜炎とは??

分類   【 消化器のがん 】

読み方  【 がんせいふくまくえん 】

がん性腹膜炎は、腸、胃、肝臓といった腹腔内にある臓器のがんの末期や、これらの臓器のがんが再発したときにしばしばみられる、腹膜のがんのことを言います。

がん細胞が腹腔を覆っている腹膜全体にわたって散らばっている状態なので、末期のがんと言えるでしょう。

原因

がんが再発することでおこりやすいです。

症状

腹膜に水がたまってしまうので、おなかが張った様な感じがし、腹痛、発熱もあらわれ全身は著しく衰えてしまいます。

治療方法

おなかが張っているときには、腹水をとって苦しみをやわらげるような治療を行います。
腹痛には鎮痛剤、発熱には解熱剤を用いたり対処療法を行います。