胃がんの症状・原因・治療方法

胃がんとは??

分類   【 消化器のがん 】

読み方  【 いがん 】

胃がんは、胃にできるがんで、日本でがんの死因の中で最も多いとされているがんです。

原因

原因の30%が食事によるもので、塩分の多い食べ物を常時摂取しているとかかりやすいとされています。

そして喫煙も原因の一つとされていますが、はっきりとした確証的な原因は特定されていません。

症状

ごく早い段階では症状はありません。
しかし、症状があらわれたときにはすでにがんがかなり進行している場合がほとんどです。

進行してからみられる症状は、食後にみぞおちの痛み、さらに進行すると食事に関係なく絶えず痛むようになります。

次に多いのは、食事関係なく満腹感、胃もたれのような感じ、重苦しい感じなどがあらわれるようになります。

治療方法

近年では定期健診で早期発見により、ほとんど100%の確率で治ります。

早期発見であれば内視鏡的治療が有効で、進行してしまった胃がんの場合には手術による胃の摘出を行います。