三叉神経痛の症状・原因・治療方法

三叉神経痛とは??

分類   【 末梢神経の病気 】

読み方  【 さんさしんけいつう 】

三叉神経痛は、顔面の知覚神経である三叉神経が痛む病状です。

中年過ぎの女性に多く発症します。

痛みを感じるというのも末梢神経の大事な機能の一つですが、知覚神経にそってはっきりとした原因がわからない場合は神経痛と呼ぶようになります。

原因

以前は原因不明の神経痛でしたが、最近ではこの多くは、硬化した小動脈が刺激して痛みをおこしていることもあることがわかってきました。

症状

顔面の片側に鋭い痛みが突然はしります。
針で刺したとか、電気がはしったような痛みが数秒ないし数分続きます。

治療方法

抗けいれん剤を用いることで治療が期待されます。

しかし、それでは治らないこともあり最近では血管と神経とがふれないように、間にクッションを入れる手術なども行われます。