ハンチントン舞踏病の症状・原因・治療方法

ハンチントン舞踏病とは??

分類   【 運動障害をきたす病気 】

読み方  【 はんちんとんぶとうびょう 】

ハンチントン舞踏病は、パーキンソン病と同じように大脳基底核の一部の細胞が萎縮することにより減少し、運動異常や知能障害をおこす病気です。

中年期に起こりやすい病気で、比較的症状はゆっくりすすみ5〜10年で動けなくなるようになります。

遺伝性の病気の代表格です。

原因

遺伝が主な原因となります。

症状

顔、手足、身体の一部にびくびくとした動きが目立つようなります。
顔をしかめたり、目をつぶる、ひょいと手を挙げる、首を曲げる、肩を動かすという比較的簡単な短い運動が特徴的な症状としてあらわれます。

知能障害も起こりやすいです。

治療方法

病気を治したり、進行を止めたりする治療法は今のところ見つかっていません。