パーキンソン病の症状・原因・治療方法

パーキンソン病とは??

分類   【 運動障害をきたす病気 】

読み方  【 ぱーきんそんびょう 】

パーキンソン病は、神経細胞が減ることでドーパミンが制酸されなくなるために、神経間の情報伝達がうまくいかなくなる病気で、脳神経系の病気の中でも、もっとも患者数が多い病状です。

名前の由来は、19世紀のはじめに「ジェームズ・パーキンソン」という医師が最初に報告したことがきっかけとなります。

日本全国だけでも患者数は10万人以上存在します。

原因

なぜ神経細胞が減少するかは、現在でも原因は不明です。

症状

手足のふるえと共に、四肢の筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるので関節の動きも円滑でなくなり、無理に動かそうとするとぎこちないような動きになります。運動量が低下しやすくなるので、この病気にかかるとじっとしてる傾向が目立つようになります。

無表情、低い声、言葉の不明瞭さ、字がうまくかけなくなる、歩きにくさなども症状としてあらわれます。

治療方法

神経伝達物質であるドーパミンが脳に不足しておこる病気なので、これを補う目的で「L−ドパ」という薬を服用します。

しかしながら補ったところで、根本的に治療にはなりません。
病気の症状を緩和する目的で用いられることが多いようです。