脳炎、髄膜炎の症状・原因・治療方法

脳炎、髄膜炎とは??

分類   【 脳・脊髄の感染症 】

読み方  【 のうえん、こつずいえん 】

脳炎、髄膜炎は、ウイルスの感染によって脳や髄膜に炎症が起こる病気で、よく知られているのは、日本脳炎で、重症な脳炎としては単純ヘルペス脳炎があります。

原因

脳や髄膜に脳炎ウイルスが感染することによって発症します。
代表となる日本脳炎のように、蚊に刺されて日本脳炎ウイルスが進入し、血流にのって脳に感染する場合もあります。

症状

発熱、頭痛のほかに意識障害やけいれん、万が一脳が実質障害された場合には麻痺や失語症などもあらわれます。

治療方法

進入してきた脳炎ウイルスによって、それらの細菌や菌などに有効な抗生物質の投与など、一般的に化学療法を行います。

≪PR≫
脳炎、髄膜炎になってしまって身の回りの整理が出来なくなったら、大分 仏壇処分のようなサービスに依頼してみましょう。