肘内障の症状・原因・治療方法

肘内障とは??

分類   【 子供の骨折・脱臼 】

読み方  【 ちゅうないしょう 】

肘内障は、肘関節の袋が一部ずれてしまうために起こる肘の脱臼みたいなものです。

お母さんが子供と手をつないで歩いてるときに、子供がつまづいて転びそうになったので手を強く引っ張った時という、日常的におこりやすい症状です。

原因

急に腕を強くひぱったために、肘の関節包が破れてずれることが原因で発症します。

症状

肘の外側の部分に痛みを感じます。
触ると痛みが増します。

治療方法

整復方法は、腕を伸ばしたまま、片方の手で肘を、もう一方の手で手首を持ち、引っ張りながら肘をゆっくりと曲げます。
すると肘関節のの外側にこりっとした感じと共に整復されます。

整復が失敗することはまれですが、自信がない場合は整形外科を受診し、整復してもらうことをオススメします。