肉ばなれ(筋肉の断裂)の症状・原因・治療方法

肉ばなれ(筋肉の断裂)とは??

分類   【 骨・関節・筋肉の怪我 】

読み方  【 にくばなれ(きんにくのだんれつ) 】

肉ばなれ(筋肉の断裂)は、収縮している筋肉が急に無理に引き伸ばされたときにおこり、筋肉の一部が断裂してしまう怪我です。

スポーツ時によくおこる怪我で、たいてい人が一生に一度は経験しています。

原因

準備運動不足や、疲労しているとき、筋肉の能力を超えて動いたときが原因で起こります。

症状

軽いもんであれば小範囲にわたって押すと痛みがある程度で、なんら不自由なく歩くことができます。
重いときには、激痛が走り肉離れの部分に明らかな腫れがみられます。指で触ると筋肉の断裂している部分がへこんでいることがあります。

治療方法

小範囲の場合は、冷湿布と弾性包帯圧迫を2〜3日行います。

範囲が広い場合は、圧迫包帯をしたうえで、24時間氷で冷やします。1週間後まで圧迫包帯を行い、その後は1日2回20分ずつ温浴を行いながら、少しずつストレッチを行います。