大腿骨頚部骨折の症状・原因・治療方法

大腿骨頚部骨折とは??

分類   【 骨・関節・筋肉の怪我 】

読み方  【 だいたいこつけいぶこっせつ 】

大腿骨頚部は、大腿骨の一番端が骨盤のくぼみにはまるところの少し下のくびれた部分をさしますが、この部分の骨が折れるのが大腿骨頚部骨折です。

様々な骨折がありますが、大腿骨頚部骨折はその中でも癒着しにくいという特徴をもっています。

65歳以上の高齢者に多くみられ、若い人が骨折するのは非常にまれです。

原因

高齢者だと、骨粗鬆症がおこっていて骨が折れやすい状況が伴っている場合が多く、ベッドから落ちたり、家の中で少しつまづいて転んだりと、少し外力が加わっただけで折れてしまいます。

症状

転んだその場で痛みのために全く動けなくなってしまいます。
痛みによるショック状態にもなります。

治療方法

くっつきにくいタイプの骨折なので、骨折をつけるような通常の治療方法は行わず、人工骨という金属製のものを入れ、なるべく早いうちに歩行訓練を行うようにします。