腰部変形性脊椎症(変形性腰椎症)の症状・原因・治療方法

腰部変形性脊椎症(変形性腰椎症)とは??

分類   【 膝と股関節の痛み 】

読み方  【 ようぶへんけいせきついしょう(へんけいようついしょう) 】

老化と共に背骨も同様に老化現象があらわれます。
椎間板が狭くなり、腰の骨や関節間関節椎弓が、その変化に伴い、増殖し、とげのようになってしまいます。

このとげのような骨が原因により腰痛がおこっているのが腰部変形性脊椎症(変形性腰椎症)です。

椎間板の加齢により変化をおこす病気なので、高齢者に多いのが特徴です。

原因

日常生活における筋肉の疲労や、椎間関節のの変化が、腰痛の原因になっていることが多いようです。

症状

脊髄から分かれている神経が圧迫によって血行障害を起こすため、少し歩くと下肢の痛みやしびれ感がおきて歩けなくなりますが、少し休むだけで再び歩けるようになります。

治療方法

老人に多いことから、手術を受けても治らないとあきらめていたり、下肢に麻痺をおこしてから初めて受診するようになる人がいます。

腰部変形性脊椎症は、症状が改善されず、強くなる場合でも簡単な手術で改善がみられますので、早めに手術を受けることが必要です。