変性すべり症の症状・原因・治療方法

変性すべり症とは??

分類   【 腰の痛み 】

読み方  【 へんせいすべりしょう 】

変性すべり症は、女性で第四腰椎によくおこる腰痛症で、椎弓の分離がないのに、椎体が前方に滑っている状態の事を言います。

X線写真で容易に判断することができます。

原因

はっきりとした原因は不明です。

症状

腰痛のほかにも、下肢の違和感や、休み休みでないと歩けないといった症状があらわれます。

治療方法

保存的療法で改善する事が多いのですが、症状が強かったり、度々再発を繰り返すようになると手術を受けることが必要です。