腰椎分離症の症状・原因・治療方法

腰椎分離症とは??

分類   【 腰の痛み 】

読み方  【 ようついぶんりしょう 】

腰椎分離症は、腰椎の椎間関節を構成している上下の突起部分の間が分離している特徴をもつ腰痛です。

原因

成長期のスポーツなどによる疲労骨折が原因であったり、先天性のものが原因であるものがあります。

症状

分離した部分の異常な動きによって、反応性の骨増殖がおこり強い腰痛があらわれます。

症状は一時的なものが多いです。

治療方法

腰椎分離症の症状は一時的なものが多いですが、再発を繰り返すことも少なくありません。

ほとんどは数日の運動軽減程度や、固定や安静で改善することもありますので、手術を行うにまでなることは少ないようです。