五十肩の症状・原因・治療方法

五十肩とは??

分類   【 首・肩の痛み 】

読み方  【 ごじゅうかた 】

五十肩は、男女共に50歳前後に起こりやすい病気で、肩の動き全体が悪くなったり、肩の痛みが症状としてあらわれます。

通常の肩こりとは違い、腕から肩にかけて症状があらわれやすくなります。

原因

原因はよくわかっていませんが、加齢によっておこる現象であることから、肩の関節をとりまく腱の老化による炎症であると考えられています。

症状

シャツを着たり脱いだりする動作が辛くなったり、、腰のうしろで帯を結ぶ動作や、頭のうしろで髪を結う動作など、簡単な日常生活に支障をきたす症状が特徴です。

治療方法

放って置いても1年経てば自然に治癒されると言われています。

早期的に苦痛を和らげたり、病気を早く治したい場合は、痛くない程度で毎日体操やストレッチなどを欠かさず行うことが重要です。