再生不良性貧血の症状・原因・治療方法

再生不良性貧血とは??

分類   【 貧血をきたす病気 】

読み方  【 さいせいふりょうせいひんけつ 】

再生不良性貧血は、白血球、赤血球、血小板のいずれもが減少する病気です。
具体的には骨髄の造血幹細胞が減少し、造血能力が著しく低下している状態のことをいいます。

原因

造血幹細胞そのものの異常、造血微小環境の異常がおこり、免疫減少が関与しているものが主な原因とされています。

症状

貧血症状、発熱、出血などがしやすい傾向などがみられます。

治療方法

出血をおこさないように外傷に気をつけなければなりません。
ちょっとした傷から細菌が入り、ひどい感染症を伴うこともありますので、常日頃から清潔を心がけることが重要です。