巨赤芽球性貧血の症状・原因・治療方法

巨赤芽球性貧血とは??

分類   【 貧血をきたす病気 】

読み方  【 きょせきがきゅうせいひんけつ 】

細胞が正常に分裂して増殖するには、ビタミンB12と葉酸が必要不可欠です。
そして血球も骨髄の中で幹細胞から分裂を繰り返して成熟するものですので、ビタミンB12と葉酸が欠乏していると、血球細胞がうまく生成することができなくなります。

その際骨髄中に成熟の障害の存在を示す特徴をもった赤芽球が出現して貧血を起こすことを巨赤芽球性貧血と言います。

原因

普通の食事をしていればビタミンB12の欠乏が起こることはありませんが、ビタミンB12の吸収を妨げる病気などがある場合に、欠乏がおこり発症します。

症状

貧血症状、軽い黄疸、舌炎があらわれます。

治療方法

ビタミンB12の欠乏がみられる場合は、ビタミンB12の筋肉注射をうちます。葉酸欠乏がみられる場合には、毎日内服薬で補充します。